本番で力を出し切る方法





写真は今日撮った「大倉山記念館」

6月4日の発表会の本予約をしに行って参りました。



想像していた以上にいい場所!


坂の上にあるせいか、とても良い気に満ちているように感じました。


発表会が楽しみです♪





さて、発表会が近づいてくると、「どうしたら本番で緊張せずに弾けるのか」

ということをしばしば質問されます。




先日youtubeで、元塾講師の先生がこの質問にとても良い答えをお話しされていました。




その方は受験当日、受験生に「がんばって」とか、「集中して」とは言いません。


何故ならみんな、言われなくても頑張るし、集中しようとしますよね。




「余計な緊張は、自分に意識が向いたときに起こる」




とおっしゃるその先生は、意識を自分自身にではなくテストに向けるために、普段と変わらないアドバイスを具体的にして、試験に送り出すそうです。





私はこの話、ほんっとうによく分かるな!と思いました。




私は何回も何回も転んでひどい傷だらけになりながら💦、実感としてこのことを学んできました。




本番で集中するためには、「自分がどう弾けるか」なんていうことに意識を向けるのではなく、表現したいものや、その音楽のことをよく考え感じることで頭と心をいっぱいにすること。



そのことに尽きるように思います。