アンサンブルの楽しみ


ピアノは孤独な楽器です。

大抵はいつも一人で練習、そして本番も一人。

例えばこれがバイオリンだったら、練習のときも伴奏者がいることもありますし、多くの曲は本番もピアノ伴奏があります。また、オーケストラにのったり、弦楽四重奏など、アンサンブルをする機会もずっと多いですね。

ブルグミュラーの「25の練習曲」の中に、「バラード」がありますが、レッスンではこれを連弾で弾いてみたりします。聴き慣れたバラードも、こうして連弾で弾いてみると新鮮です。

相手の音をよく聴くこと。

相手と呼吸を合わせること。

相手との掛け合い。

そして二人で一つの音楽を作ること。

連弾は、一人で弾くときとは違った面白さと喜びがあります。

今、大人の方は「コンチェルト弾き合い会」に向けて、ピアノコンチェルトのレッスンを始めました。

私がオーケストラパートを弾き、生徒さんたちにはピアノのパートを弾いて頂きます。2台ピアノのコンチェルトです。

ラフマニノフの2番、ショパンの2番、ベートーベンの4番など、どれも素敵な曲ばかりで今から楽しみです!

ピアノは孤独に陥りがちな楽器だからこそ、アンサンブルをする機会や、一緒に頑張っている生徒さん同士の交流は、新しい風や広がりをもたらしてくれる大事なこと。

これからも、こういった楽しい時間をたくさん作っていきたいと思います!


© 2016 by Asuka Toriyama created with Wix.com