ペダルをどう踏むか


今日はYさんのラフマニノフのレッスン。

なかなか覚えられない~。仕上がらない~~!

とYさん。

それもそのはず。

ラフマニノフは音が多く、手の形に入りにくい音型も多いので、本当に覚えにくいし暗譜も難しいのです。

これがリストだったりすると、華やかで難しそうに見えるのですが、一度手に入ってしまえば手が覚えていて、しばらく弾かずにいても意外とすぐ思い出して弾けるもの。

しかしラフマニノフを何年も放置しておくと、もう完全に最初から譜読み状態になってしまいます・・。

さて、そんなYさんですが、一度弾いてみて頂いたところ、手はもう殆どよく動いていらして、出来上がっています。

でもなぜかちょっと弾きにくそうで、曲のイメージが浮かばない感じ・・・。

そこで、ペダリングを一緒に考えてみました。

フランスで師事していた恩師はよく、

「ピアノは4本の手で弾くんだ」

と言っていました。

つまり、右手、左手、右足(音を伸ばし響かせるペダル)、左足(音を曇らせる弱音ペダル)4つを自由に使え、と。

私がうまく左ペダルを使わないと、まあ本気で地団太を踏んで興奮して怒られたものでした・・・

怖かった・・・汗

ペダルは、クリアに踏みかえすぎず、音の濁りが味になる場面もありますし、すっきりと踏み変えたい場面もあります。

また、小刻みに動かすのか、こまめに踏みかえるのか、ずっと踏みっぱなしにするのかなど、そこで何を表現したいかによって変えていく必要がありますし、会場やピアノによって臨機応変に対応していく必要があります。

どのくらいの深さで踏むか、ということも大事ですね。

下まで踏むのか、3ミリくらい踏むのか、1センチくらい踏むのか、というように。

Yさんとペダルをどう踏むか考えた結果、Yさんの演奏は見違えるように良くなり、情景が思い浮かぶ演奏になりました。

ペダリングって本当に大事なんですね!

ペダリングの難しさは、楽譜に書き込むのに限度があること。

どこでどう踏み、どう離すかは、最後は自分の耳で調整するしかありません。

でも、最後は自分の耳が頼り、という難しさは考える自由があることでもあり、そこが面白いところかもしれませんね。


© 2016 by Asuka Toriyama created with Wix.com