それぞれの形


先日、Nちゃんがピアノのレッスンを卒業しました。

発表会の曲もかなりいいところまで仕上げたけれど、「やっぱり緊張するから出ない」

と決めて、でもきちんとやり切るところまでやり切って、卒業という選択をされました。

レッスンをしているとよくわかるのですが、Nちゃんは本当に真面目。

レッスンでお伝えすることをきちんと覚えていて、宿題を毎回しっかり頑張ってくれました。

Nちゃんの場合、彼女の性格を考えると、「せっかくがんばったのだから発表会も出ればよいのに」という思いよりは、「本当によくここまでがんばったってくれたなぁ」という気持ちでいっぱいです。

発表会。

出演すると決めた生徒さんにとっては、その方が輝ける場であれるように、最大限サポートするのが私の役目。

でも、出なかったからと言って、「出られなかった」と思う必要は全くないと私は思います。

人にはそれぞれに向き、不向きがあります。

また、年齢や成長によって様々な時期があると思います。

人前に出ていくのが好きな人もいれば、出ていくことがすごく大変なことである人もいます。

実は私はどちらかというと後者です。

今でこそ、歳もとって、精神的に大きな支えである自分の家族も得て、人前で弾くことに喜びを感じられるようになりましたが、本番で演奏することは孤独で苦しい時間の方が多かったように思います。

ピアノを始めたのであれば、レッスンを卒業されるときにも、それぞれに目標を決めて、「よくがんばったね」という形で、生徒さんの心が満たされるように送り出して差し上げられたら・・と思います。


© 2016 by Asuka Toriyama created with Wix.com