それぞれの時期


小学校1年生のとき、ピアノがあまり・・という感じでレッスンをやめたSちゃん。

確かにそのときのSちゃんには、私のアドバイスは煩いだけだったかも^^💦

それから2年が経ち、Sちゃん自身が「ピアノをやりたい!」と言ってもう一度私の

ところにレッスンにいらっしゃることになりました。

Sちゃんは、見違えるようになっていました。

以前は「ふ~ん・・・」という感じで聞いていた演奏やアドバイスも、毎回「へぇ!」とか、

「わぁ!」という感じで文字通り目を輝かせて聞いてくれて、練習も本当にしっかりとやってきてくれます!

そしてレッスン中の笑顔が増えたこと!!

今度のコンサートも出演してくれることになり、Sちゃんにきっと合うだろうと思った素敵な曲を2曲、「これはどうかな?」と勧めると、お顔がぱっと輝いて、「なんだか楽しみになってきた^^」と。

同じ女の子でも、時期によってこんなにも違うものなのか、と、Sちゃんには多くのことを学ばせてもらっています。

「自分からやりたいと思える時期を待つ」というのは、子育てでも同じ気がします。

慎重な我が息子は、昨年は何回誘っても絶対に海に入らなかったのですが、今年は自分から「浮き輪で練習する!」と海に行く前から張り切っていて、実際に海に着くと、本当に自分から挑戦して海に入ったりプールで泳いだり。

一年前との違いにびっくりしました。

もしかして一年前、せっかく海まで来たのだから!と強引に海で遊ばせようとしていたら海が嫌いになっていたかも‥。

それぞれに頑張れる時期がある、というのは大人もきっと同じですね。

言い換えれば、頑張れない時期があっても自然なこと。

それぞれの生徒さんのペースを理解して寄り添うこと。

自分の感覚で相手を決めつけないこと。

せっかちな私はついつい背中を押したくなってしまうところがありますが、その人が持っている本来の生命力や、能力を、その人らしく元気に発揮できるように、引っ張り上げるだけでなく時には寄り添い待つことも、できるようになりたいです。


© 2016 by Asuka Toriyama created with Wix.com