1年目、2年目、3年目


これは、Yちゃんが小学校1年生になったばかりの頃の演奏。

この演奏の後、Yちゃんは張りつめていたものが溶けたのか、号泣してしまったのだったな。

こんなに小さいのに、もうすでに、「ピアノの音を作る」ことを知ってるのには驚き。

意志のある音が出ていて、ただ弾いていませんね。

今自分の息子が同じくらいの年になってみると、尚のことYちゃんのがんばりに心を打たれます。

そして2年目のYちゃん。

指も大分動くようになって、さらに生き生きとした音楽になっています。

聴いていても楽しいし、音色の変化もさらに豊になっていますね。

そして3年目。

この曲は、弾いてみると想像以上に難しい曲です。1年目、2年目では絶対に弾くことのできなかった曲が、弾けるようになっています。

そして最後の音は、その音がどのように広がり、消えるのか、よく感じて弾いてくれており、身体の使い方と音楽が一致しています。

こうしてみると、生徒さんの1年1年の成長というのははっきり目に見えるものなんですね。

Yちゃんは今年から受験に向けて塾も始まり、今後どのような形でピアノが続くのか、もしくは続かないのか、わかりませんが、私にとってはまるで自分の子供の成長を見るように、生徒さんの成長というのは愛しいものです。

もし、将来、私とのレッスンの時間がYちゃんの中で少しでも良い形で残ってくれたら、私はとても幸せです♪


© 2016 by Asuka Toriyama created with Wix.com