先のことを考える


日々のレッスンの中で、生徒さんに共通して気になることの一つに、

小節ごと、もしくはフレーズの節目、または跳躍する箇所など弾きにくい箇所で度々テンポから外れた間ができてしまう

ということがあります。

弾いている本人が気が付いている場合もありますが、弾くことに精一杯の状態だと、いちいち止まってしまうことに本人は気が付いていない、という場合もあります。

音楽は、最初の一音が紡ぎ出されたその瞬間から、音の命が消えてゆく最後まで、滞ることなく前に進むものです。

音楽的に必要な間が途中にあったとしても、それは終わりではなく次に続いてゆくためのもの。

難しいことですが、今弾いている箇所に集中しながら、常に次のこと、次のこと、と、次のことに対する準備ができていないと、スムーズに演奏することができません。

全体の構成を見渡せている、ということも大事なことですね。

ちょっと話がそれますが、例えば初見(初めてその楽譜を見て演奏すること)で演奏するときを考えてみても、現在弾いている箇所を見ていたら、その箇所は弾けるかも知れませんが次の小節にスムーズにつながっていきません。

初見で弾いているときには、目は弾いている箇所ではなく、既に次の部分を追っています。

「弾きなおし癖」「止まり癖」をつけないように、練習にはちょっとした工夫が要りますね。

その工夫についてはまた次回に♪


© 2016 by Asuka Toriyama created with Wix.com