楽器演奏は脳にどのような効果をもたらすか




「楽器演奏は脳にどのような効果をもたらすか」



という動画のご紹介。



例えば私は1回本番で演奏すると、1日で2キロくらいは痩せます(笑)


普段はのんびり過ごしている私の脳と身体ですが、演奏するとなると、フル回転で頭も身体も使っているのでしょう。


1つのコンサートを終えた後は、毎回汗だくです・・。




この動画にも、「楽器演奏は脳にとって全身運動に匹敵する」とありましたが、実感として本当にその通りで、演奏するというのは、身体全体で音楽を感じて、溢れ出てきたものを外側に思いきり発散する(表現していく)ようなイメージです。




本番で弾くときにはいつも、(もうこれを弾いたら倒れてもいい)というような気持ちで演奏しているんですよね^^💦


私にとっては、そのくらいの気持ちでないと人前で弾けない、ということなのかもしれません。




「楽器の演奏」と言っても色々な楽器がありますが、ピアノは小さいときからの訓練が必要です。そして楽譜も複雑です。




確かに、独特の頭の使い方をしているというのは頷けます。




ピアノは「ここで完成」ということがなく、時間もかかり大変でもありますが、だからこそ飽きずにいつまでも面白いと思えるのでしょうね!